読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blog @kakehi_ 広告とかマンガとか。

ブログはじめました。基本的にはマンガが多くなりますが、広告が本業なので、そのあたりもちょこっと。

2015年9月に買ったおすすめマンガランキング

マンガHONZのレビュアーになってから、マンガを読む冊数が飛躍的に増えて

(比例してそこに使うお金も増えて)、何読んだかメモ取らないと忘れるな、

と思うのでまとめることにしました。

 

TSUTAYAでレンタルしたのをメモってないから、

たぶんもっと読んでるけど、以下合計で60冊ぐらい。

 

ギャングース 1〜9巻

ギャングース(9)

ギャングース(9)

 

 

ギャングースはまとめて読もうと思っててやっと読めました。

裏社会的なテーマで、ウシジマくんが好きな人なら、好きだと思うんだけど、

ウシジマくんみたいに読んで暗くならないのがよいです。

主人公ブサイクだけどかっこいいわ。

 

メタラブ 1巻

メタラブ(1)

メタラブ(1)

 

サトリを思い出しますが、「ひとのノゾミが見えてしまうラブコメ。」

という設定でジャケ買いしたんだけど、思ったよりエロいので、

家に置いておくのがはばかられる(泣)。

男子大学生が主人公で、女性が望んでいることがわかるから超モテる。でも大学の女性の先生の心が読めない、なんでだろう、というストーリー。

これどうゆう展開になっていくんだろう。。。

 

響 1巻

響?小説家になる方法?(1) (ビッグコミックス)

響?小説家になる方法?(1) (ビッグコミックス)

 

 ひどく社交性のない女子高生が実はめちゃくちゃ小説が書ける、

でも社交性がなさすぎる、という話。すごく小説の才能がある、

という話なんだけども、その小説の内容がわからないので、

そこが明かされるといいなと思う。2巻も読む予定。

 

AKB49 26巻 

AKB49~恋愛禁止条例~(26) (講談社コミックス)

AKB49~恋愛禁止条例~(26) (講談社コミックス)

 

全巻持ってますAKB49。これ読んでAKB好きになったかも。

というくらい、マンガはよくできています。

アリスがいたころくらいが感動のピークはあったけど、

ここからどうなっていくんだろうか。

そろそろ、主人公の秘密がバレるころですかね。 

 

あひるの空 41巻 

あひるの空 AROUND THE ROUND(41) (講談社コミックス)

あひるの空 AROUND THE ROUND(41) (講談社コミックス)

 

 バスケ好きにはたまらないあひるの空

スラムダンクの次に好きなバスケマンガは、と言われれば、

ブザービーターか、アイルか、あひるの空で迷うかも。

でもあひるの空はこれまでのバスケマンガ、

スポーツマンガとは違うところを目指しているのがそこがすごく好きです。

作者を尊敬しています。

 

トリコ36巻

トリコ 36 (ジャンプコミックス)

トリコ 36 (ジャンプコミックス)

 

なんだかんだずっと買い続けているトリコ。

なんで面白いんだろね、設定がいいんだろうか。

最近はハンターハンター的に未知の世界にいって、

どんどん強敵が出てくるのでおもしろい。 

 

スパイの家 1、2巻 

スパイの家(1)

スパイの家(1)

 

ジャケ買い。何百年も続く、スパイの家柄に育った男が主人公。

国防のために、国からの要望で動く形。海外ドラマみたいな設定かも。

まわりに凄腕の仲間がたくさんいるのでオーシャンズ11を思い出す。

ここから面白くなっていくといいな。

 

おねいも 1巻 

おねいも(1)

おねいも(1)

 

ジャケ買い。田舎に住む姉妹のドタバタコメディ。

こうゆう本はとても癒される。

馬鹿なことをして、笑って、ごはんを食べる。

そんなマンガは幸せて好きです。 

 

今そこにある戦争 1巻

今、そこにある戦争 1 (ビッグコミックス)

今、そこにある戦争 1 (ビッグコミックス)

 

後輩からの紹介でこのタイミングでこのマンガを読む。 2巻も読もうかな。

政治的、戦争的な話は、感想を書きにくいので書きません。

 

サイコろまんちか 1巻

サイコろまんちか(1)

サイコろまんちか(1)

 

心理学が好きな変態女子高生が心理学部を立ち上げる話。

いろんな学生を心理学で煙にまいていく。

テンポがよいのでおもしろい。

エロにいくのか、心理学にいくのか、学生生活にいくのか、

方向付けしてくれるともう少し読みやすい。 

 

透明人間の作り方 

1冊完結。学生生活が退屈で退屈でたまらない主人公が、

あるメールに返信してしまい透明人間になってしまう話。

姿が消えていくだけでなく、まわりの人の記憶からも

消えていってしまうことに気づき、、、、というストーリー。

最後のオチは非常にきれい。小説的。 

 

ママゴト 1巻

 友人のこどもを無理やり押し付けられて育てることになった

スナックのママの話。こどものキャラクターが非常にかわいい。

続きを読もうと思います。

 

さて、ここから上位10冊はランキングですが、

せっかく広告屋なので、広告タイアップするのであれば、

こんな企業・団体がいいのでは、ということも書いてみました。

 

10位:ARIA 全巻

Aqua 1 (BLADE COMICS)

Aqua 1 (BLADE COMICS)

 

 

ARIA 全12巻 完結セット (BLADE COMICS)

ARIA 全12巻 完結セット (BLADE COMICS)

 

アニメ化もされて非常に人気の作品。

先日イタリアにいってきたのですが、

ベネチアを舞台にしたマンガということで全巻購入。

 

火星に人が移住することになったそこに

地球のベネチアを模したネオベネチアをつくり、

そこにも船乗り(水先案内人)がいて、その仕事を女性が担っているいう話。

 

1人前の船乗りを目指す中でのいろんな出会いや経験が物語になっている。

全巻読んだ感想ですが、ここまで透き通ったストーリーも

なかなかないと思います。心が洗われる。

 

広告的活用には、イタリアへの観光誘致がベストですが、

日本の各地にあるライン下りなども相性がいいかもです。

 

9位:碇石くん 1〜4巻

塾生★碇石くん(1) (ヤンマガKCスペシャル)

塾生★碇石くん(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

はじめて読んだけどめちゃくちゃ面白い。

ドラゴン桜的な要素もあるんだけど、

ヤンキーやまったく勉強なんてしたことがない子が

挫折したり、やる気を出したりというリアリティ。

塾講師と家庭教師をやっていたころを思い出します。

なんでこのマンガドラマ化しないんだろう。

 

広告的には塾なんだけど、ドラマ化が一番いいのではと思った。

 

8位:大奥 11、12巻

 

大奥 11 (ジェッツコミックス)

大奥 11 (ジェッツコミックス)

 

  

大奥 12 (ジェッツコミックス)

大奥 12 (ジェッツコミックス)

 

ハイライト的には治済公が自分の息子の将軍を「殺そう」と

決めたときの表情と、そのあとで倒れた時の爽快感。

なかなかこんなに死んで爽快な登場人物もいないのでは。

あとは赤面疱瘡がやっと治療法が見つかる、というところも、

この作品の転換点なのかな。どこにストーリーは進んでいくのか。 

映画にもなっているし、広告的には使いにくいw

 

7位:GROUNDLESS 4巻 

GROUNDLESS : 4?夕陽の見えぬ街? (アクションコミックス)

GROUNDLESS : 4?夕陽の見えぬ街? (アクションコミックス)

 

かなりおもしろいのに意外と有名でないグラウンドレス。

ここまでは主人公のスナイパーが炸裂していましたが

4巻になってぐっと戦略的に。

もうちょっと絵が洗練されてくると読むひとを選ばなくなるのでは。

表紙とかはとても好きです。 (戦争ものなので広告活用は難しい)

 

6位:変身! 1、2巻

変身! 1巻<変身!> (ビームコミックス)

変身! 1巻<変身!> (ビームコミックス)

 

 出版社に勤める義弟に教えてもらった変身!。これおもしろい。

変身できる能力を持っている主人公男子が、

同じクラスの女子にバレてしまって、

そのばれた女子にいろんなものに変身しろと振り回される話。

 

男の子が変身する際には、その変身するものの

構造や習慣なども勉強していくところで、

変身したあとに性格もその動物になりきってしまったりするところ。

バッタに変身して、バッタの気持ちになって、雌のバッタを好きになるとか。

竹に変身してしまって、1ヶ月戻れなかったとか。

2巻では、サグラダファミリア二変身します。

この作品は次のマンガHONZのレビューを書く予定。

 

広告的には、図鑑などの出版物、動物園・水族館、教育系のサービスがよいです。

 

5位:ピースオブケーク 全巻

ピースオブケイク(1) (FEEL COMICS)
 

映画化ということで読みました。ハッピーエンドがとてもよかった。

ヒゲ店が綾野剛、、、?ということはさておき、店長のキャラはよいです。

広告的にはTSUTAYAかゲオしかないのでは。

 

4位:バイナリ畑でつかまえて 

バイナリ畑でつかまえて

バイナリ畑でつかまえて

 

 マンガHONZでレビューを書いたのでこちらを読んでください。

古いケータイ、流行していたSNS、オンラインゲームで出会った匿名の誰か。『バイナリ畑でつかまえて』

 

広告的には、ITサービス系でしょうか。

ふつうにタイアップで仕事をお願いしたい。。。

 

3位:3月のライオン 11巻 

3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)

 

 嫌なお父さんがやっと撃退。それだけでスッとする。

3月のライオンはアニメ化、実写化もするのでこれからまだ人気が出ますね。

楽しみです。将棋がやりたくなる。

 

2位:ジャポニカの歩き方 全巻

ジャポニカの歩き方(1)

ジャポニカの歩き方(1)

 

 全7巻で完結しているんですが、これは名作。

海外が苦手だった学生が就職に困って、ひょんな出会いから

ラオスの大使館で働くことになる話。

「外交とは」ということを非常にわかりやすく説明できているのは、

作者のお父さんが外交官だったから。

 

西山さんの作品はハーレムビートから知っているんですが、

この作品はもっと有名になってもいいし、

続編があってもいいし、映画化もしていいし、ドラマをしてもいいと思う。

教育的にもすばらしい。

 

 広告的にはJICAとか商社とかそのあたり。

これもマンガHONZでレビューを書きたい。

 

1位:FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE 全巻

なんでこの作品を読んでいなかったのか公開するレベル。

ムーンライトマイルもいいし、サンダーボルトもすごくいいんだけど、

この作品も全然劣らない。むしろ一番いいのでは、、、と思う。

 

フロントミッションスーパーファミコン時代からやり込んだ

ゲームタイトルですが、ゲームをやっていなくても、全然問題ない。

ヴァンツァーというロボが出てくるくらいです。

 

架空の島を2つの国が治めていて、その2国間で戦争が起こる、

そこを写真ジャーナリストの登場人物の視点が入りながらも、

それぞれストーリーで登場人物が変わって進んでいく。

 

戦争の戦術の話がメインではなく、人間模様の話になっているので、

多少のグロテスクさが気にならなければ、だれでも読んだほうがいいと思う。

 

広告活用しにくいですが、

ロボなので水道橋工業のクラタスとコラボしてほしい。

これも戦争ものなので書きにくいですが、レビューを書きたい。

 

 

以上9月のまとめでした。10月も頑張って書きます。